尋常性乾癬とは?どんな症状?

尋常性乾癬という病気があります。

ごくありふれた病気で患者数も多いと言われています。

どんな特徴があってどんな症状が出るのでしょうか。

【尋常性乾癬の特徴】

尋常性乾癬はごく一般的な病気で、日本には10万人を超える人が罹っていると言われています。

皮膚が赤くなって盛り上がり、その表面には白色の鱗状からフケ状の皮がついてポロポロとはがれ落ちるのが特徴です。

【乾癬の種類】

乾癬は5つの種類があります。

尋常性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症、関節症性乾癬、滴状乾癬です。

この中で尋常性乾癬は乾癬の9割を占めます。

尋常性というのは「ありふれた」という意味で、ごく普通の乾癬であるということです。

【尋常性乾癬の症状】

にきびのような赤いぶつぶつで始まります。

だんだん周りに拡大していって厚い垢を持つようになります。

それがはがれ落ちて消失するというのを繰り返します。

関節部や頭部など、摩擦を受けやすい場所に症状が見られます。

全身に広がることもあり、爪など硬い部分にもできることがあります。

【すぐに治るのか】

尋常性乾癬はありふれた病気なのですが、すぐに治るものなのでしょうか。

発疹ができてから皮がはがれ、それが良くなって消えるのを繰り返します。

良くなったり悪くなったりを何年にも渡って繰り返すもので、気長に付き合わなければならない病気です。

ごくまれに重症化することがありますが、そのきっかけというのは何が原因なのかまだよくわかっていません。

乾癬になりやすい体質、外傷や感染症、ストレスなどがきっかけで発病すると考えられています。

気長に治療をしていかなければならない病気と言えるでしょう。